オンライン英会話

インターネットを利用したオンライン英会話のメリットや、オンライン英会話教室の比較を紹介します。

対面レッスンで実績あるECCが、ウェブレッスンでキャンペーン実施

      2014/02/14

北野武が広告塔を務めるECC外語学院でもお馴染み、ECCグループから、ウェブレッスンの入会キャンペーン情報が配信されています。
割引や無料となるサービスが期間限定で提供。重い腰を上げるためのサポートになるかもしれません。
ECCウェブレッスンのキャンペーン情報

テレビCMでもお馴染みのECCグループ

関根麻里などのタレントを起用したテレビCMでもお馴染みのECCグループ。実は「ECCジュニア」から始まる幼児英語教育だけではなく、「ECC海外留学センター」のような海外留学を斡旋するサービスも展開して、単なる英会話教室に留まらない総合教育機関としての役割を果たしています。

ECC総合教育機関(ECCそうごうきょういくきかん)は、英会話学校のほか予備校や資格取得のための学校などを運営する教育関連団体。総本部は大阪市北区。ECCの名の由来は、高品質の「教育:Education」実践によって、すべての人々との「意思疎通と相互理解:Communication」促進を通じて、平和で豊かな「社会共同体:Community」のために。この頭文字をとったものである。非上場会社。
ECC総合教育機関(Wikipedia)より

老舗総合グループECCのメリット

我々エンドユーザーは、漠然と大きな会社、歴史のある企業の提供するサービスを安心して選ぶ傾向にあります。大手企業の醸しだす安心感は、長く提供してきたサービスによって磨き上げられたホスピタリティなのでしょう。異論はあるかもしれませんが、サービスを提供する以上避けて通れないのはクレーム。大小混在したクレームの屍たちを乗り越えた先にたどり着いた、お客様をもてなす気持ちが本当のホスピタリティと言えるでしょう。

それらのクレームの積み上げがないスタートアップ企業にホスピタリティが足りないと言っているわけではありません。しかし、長く続いてきた企業には、間違いなくそれが醸造される土壌が備わっていると思えてならないのです。エンドユーザーはその部分に安心感を得て、サービスを選んでいくのでしょう。

オンライン英会話で頻繁に取り沙汰される「講師の質」に関しても同様のことが言えると考えます。どの企業を見渡しても「講師の質に自信あり」といったキャッチコピーが氾濫しています。しかし、講師の質を認定する機関も資格もないことから、あくまで企業の主観によることがうかがい知れます。「講師の質」について絶対的な基準がない以上、相対的に「講師の質」を判断せざるを得なくなります。そうなった時に強みを発揮できるのが規模が大きく、長い歴史を持つグループ。過去のサンプルが豊富であるため、客観的・相対的に「講師の質」を判断することが可能になります。
ECCだからプロの講師に学べる!オンライン英会話
ECCウェブレッスン

イケメンのネイティブ講師がウェブレッスン

決して全員がイケメンと言うわけではないだろうが、ECCウェブレッスンページで紹介されている講師はカッコイイ。
やっぱり、ウェブ上とはいえ対面で行うレッスンであれば、モチベーションが上がるというものです。

 - キャンペーン情報